HOME > ごあいさつ



園長からのごあいさつ

園長 髙橋 冨美子
 平成29年度3月、年長児9名が卒園し、30年度4月は12名の新入園となり71名の園児でスタートしました。
 
 4月当初0才児6名の乳児たちは本当に毎日大泣きの連続で離乳食の後のお昼寝も一人ひとり様々なパターンがありました。正職員、非常勤職員、調理職員、みんなで一人ひとりの乳児をおんぶし、抱っこしてきました。今ではみんな先生の顔も覚え、ニコッと笑ってくれたり、好きな先生(一人ひとり好みがあります)に抱っこをせがんだりしてくれます。1才から5才までの子ども達も進級した園児が新入の園児のお世話をしたり、一緒に遊ぶ中でお友達関係を作り始めています。

 でもね。我慢しなくていいんだよ。ママと離れて淋しかったら泣いていいよ。先生ともお友達になってたくさん甘えてくださいね。
 きっと、他の園でも同じような状況であると思いますが、大事なお子様を預かる園として、年度初めのとても重要な時間を子供たちと共有しています。この一人ひとりの園児たちの一人ひとりの成長、発達を心から楽しみにしています。

2018.5.15

園長からのごあいさつ

 
園長  髙橋 冨美子
 
ホームページの更新が遅くなりました。
昨年9月30日の運動会。お天気の心配もありましたが、雨は降らず、0才から5才児までみんな元気にできました。
保護者やご家族の皆様、中崎町長様をはじめにご来賓の方々も大勢おいでいただきました。
子ども達もお友達や先生達と一緒に各学年それぞれの成長、発達を見せてくれました。

11月17日、3才から5才児のバス遠足。昨年と同じく江の島水族館に行きました。晴天に恵まれ、3才児にとっては初めてのバス遠足でしたが、バスの中でのゲームを楽しみ、水族館ではみんなが喚声をあげ、おうちで作ってもらったお弁当、おやつをワイワイ、ガヤガヤ頂きました。

そして平成30年2月10日。あおばと2回目の発表会です。
運動会と同じく大勢の保護者、ご家族、ご来賓を迎え、0才から5才の子ども達が大勢のお客様を前に緊張しながらもみんな自分の力を出し切って歌・合奏・劇等を行いました。本当に運動会とはまた違った1人ひとりの表現活動に大きな成長を感じました。みんな、頑張ったね!!!ありがとう!!!
 
3月17日は卒園式、修了式です。
子ども達1人ひとりのこの一年間の成長、発達を心よりお祝いしたいと思います。

園長からのごあいさつ


園長  髙橋 冨美子
 
 4月に入園した、0才児の乳児たちもすっかり園生活に慣れ、ハイハイからつかまり立ち、そして立って歩くことが出来るようになりました。又、2才から5才までの新入園された子ども達も各クラスに融け込み、クラスの友達と楽しく活動できています。

 もうすぐ8月も終わりますが、8月に予定したプール遊びは天候不順で最後の1回しかできませんでした。でも、プール以外に暑い日には水遊び、どろんこ遊び、外でのボディぺインティングと夏ならではの遊びを楽しみました。
 


 8月26日(土)の第2回目の夏祭り、炎天下ではありましたが各クラスで作ったおみこしをかついだり、ドラえもん音頭を踊ったり、魚つり、輪投げゲームをしました。ヤキソバは社会福祉法人の宮崎理事長さん、行武事務長さんを始めホームの山田施設長さん島田さん、一寸木さんの心強い協力をいただき、おにぎり、お茶、ジュース、から揚げ、ポテトでお腹もいっぱいになりました。ホールでは今年新しく登場して下さった、太鼓集団・神和座の本当にすばらしい演奏を聞かせてもらいました。又、初めてお母様方のご協力でバザーも開催しました。子ども達のお土産では調理室特製のあおばとクッキーが入りました。子ども達、保護者やご家族の皆様、宇津山司祭様、南本町の方々、そして教師達が一緒になって今夏の最後のひと時をみんなで楽しみました。
 
 皆様ありがとうございました。9月には30日に運動会です。又、元気に頑張りましょうね。


                                   2017年8月